Leybonol Overview

真空ポンプオイルと潤滑剤

真空ポンプと生産工程をスムーズに維持します

LEYBONOLは、単なるオイルではなく、ポンプの動作を維持します

オイルは、多くの理由で真空プロセスにおいて重要です。可動パーツを潤滑し、シーリングし、プロセスから汚染物質を除去します。高品質のオイルと潤滑剤は、真空ポンプの性能と状態にとって不可欠です。LEYBONOLは、気密潤滑、化学的安定性、必要な酸化および熱に対する耐性を確保するよう社内で作られています。

お客様のニーズに適したオイルを知るには? 
適切なオイルは、アプリケーションとポンプテクノロジーによって異なります。

スクロールしてすべての情報を読むことができます。サポートが必要な場合は、当社の専門家にお問い合わせください。または、簡単に、オイルファインダーを使用してお客様が必要とするオイルを見つけてください。

 

真空ポンプに適合するオイル

LEYBONOL真空ポンプオイルの特徴とは?

稼働時間と信頼性

当社の高品質のオイルは、ポンプの高い性能を引き出します。また、摩耗や損傷を軽減し、真空ポンプの全体的な寿命を延ばします。LEYBONOLがお客様の真空ポンプを守るため、お客様は製造工程に専念できます。 

メンテナンスコストの削減

高品質のオイルを選択することで、ポンプの電力消費量の削減につながり、最終的には運転コストの削減につながります。LEYBONOLの卓越した品質は、オイル交換の頻度とポンプのコンポーネントが受ける摩耗と損傷の両方に直接影響します。

業界トップクラスの品質基準 

LEYBONOLは、REACH、DSL、NDSL、GHSやその他の多くの規制に準拠しています。しかし、当社はこれらの標準的な規制をはるかに超えた、安全で効率的な真空ポンプオイルを提供しています。当社のすべてのオイルは、各バッチが一貫しており、同様の優れた真空性能を発揮することを保証するために、頻繁かつ厳格なテストを受けています。 

真空ポンプに使用できるオイルの種類は?

LEYBONOLには、5種類の真空ポンプオイルタイプがあります。それぞれに独自の特徴と最適な性能環境を備えているため、あらゆるアプリケーションに対応できる信頼性の高い真空ポンプオイルを選択することができます。 

鉱物油

鉱物油

鉱物油は、エラストマーとの優れた親和性と加水分解に対する耐性で知られています。これは、半合成ポンプオイルと呼ばれることがよくあります。一方、水素化分解油は、高い水素圧と高温で製造されており、芳香族化合物やオレフィンをほとんど含みません。

これらのオイルには、次のような主な利点があります。

  • 熱安定性の向上:従来の鉱物真空ポンプオイルに比べ、熱安定性が優れています。
  • オイル交換周期の延長:ほとんどの場合、真空ポンプのオイル交換周期が長くなり、コスト削減と運転効率に貢献します。

合成油 – エステル

エステルオイルは、優れた熱性能を必要とする真空ポンプアプリケーションに適しています。

エステルオイルの主な特性は、次のとおりです。

  • 高温への耐性:エステルオイルは、高温での運転に適しており、厳しい温度条件でも信頼性の高い性能を発揮します。
  • 適度なエラストマー親和性:エラストマーとの親和性がよく、効果的なシーリングと機能性のバランスを保ちます。
  • 優れた加水分解耐性:絶対的に高いわけではありませんが、エステルオイルは、加水分解に対する妥当な耐性を示すため、さまざまなアプリケーションに実用的な選択肢となります。

合成油 - ポリアルファオレフィン(PAO)

ポリアルファオレフィン(PAO)オイルは、パラフィン状の性質と均一な分子構造で知られる合成炭化水素の一種です。PAOオイルは、鉱物油と比較して熱耐性と化学耐性に優れています。

これらのオイルは、特に次の点で優れた効果を発揮します。

  • 低温性能:PAOオイルは、低温条件でも優れた流動特性を備えているため、低温時に非常に効果的です。
  • エラストマーへの親和性:エラストマーへの親和性が必要な用途にアプリケーションにおいて、信頼性の高いシーリングと機能を確保します。
  • 加水分解に対する耐性:PAOオイルは、加水分解に対する強い耐性があり、寿命と信頼性を高めます。

合成油 – PFPE

PFPEオイルは、高温でも手間のかからないソリューションです。さまざまな化学物質や酸化剤にさらされても実質的に不活性になり、強いエネルギー放射線下でも変化しません。

主な留意事項は次のとおりです:

  • 温度感度:約150℃(302˚F)を超える温度で反応が発生する可能性があるため、注意して監視することをお勧めします。
  • 卓越した熱安定性:ペルフルオロポリエーテル(PFPE)は、優れた熱安定性を示し、不燃性であるため、高温環境での安全性が向上します。
  • 高い温度耐性:熱分解が懸念されるのは290℃(554˚F)を超える温度のみで、極端な熱に耐える能力を特徴としています。

拡散ポンプ用オイル 

拡散ポンプ用オイルでは、作動液の選択が重要です。これらの作動液は、以下のような最適な性能を確保するために特定の基準を満たす必要があります。

  • 低い蒸気圧と熱安定性:室温で低い蒸気圧を維持しながら、熱分解と酸化に対する顕著な耐性を示します。
  • 高い表面張力:油膜のクリープを最小限に抑えるために、作動液には高い表面張力特性がある必要があります。
  • 化学的不活性、高い引火点、低い蒸発熱:化学的不活性を示し、安全性を確保するために高い引火点を持ち、蒸発熱が低くなければなりません。
  • 汎用性と費用対効果:理想的なポンプ作動液は、費用対効果を維持しながら、幅広い圧力範囲で高い排気速度を実現する必要があります。

特殊潤滑剤およびグリース

LEYBONOLの包括的なポートフォリオには、独自のニーズを満たすように作られた特殊な潤滑油が含まれます。当社のグリースは、摩擦を低減し、摩耗を最小限に抑えるために重要な役割を果たし、コンポーネントのスムーズな移動性を保証しながら、汚染物質を効果的にシーリングします。さらに、信頼性の高い防錆剤および防食剤として機能し、ポンプの寿命延長に貢献します。

当社のオンラインショップでは、LEYBONOLのオイル、潤滑油、グリースを豊富に取り揃えています。真空サービスに関する個別のガイダンスや専門家のアドバイスが必要な場合は、当社の真空サービス専門家にお気軽にお問い合わせください。

お客様の機器の性能と寿命は当社にとっても重要です。当社がお客様をサポートします。 

Leybonol mineral oil in vacuum pump

オンラインストアを確認しましたか?

高品質の真空ポンプ修理キット、真空ポンプのスペアパーツ、整備済み製品、およびさまざまな真空ポンプのモデルと広範囲におよぶアプリケーション向けのオイルフィルターを見つけて購入できます。

LEYBONOLドキュメントライブラリー

Leybonol Overview Leaflet_JA

PDF    1.1 MB

Leybonol_LVO521 flyer

PDF    1.6 MB

Leybonol LVO211

PDF    819.3 kB

Leybonol LVO130 vs MR-200A

PDF    814 kB

Leybonol LVO700 leaflet

PDF    681.8 kB

FAQ

真空ポンプにオイルが必要なのはなぜですか?

真空ポンプ内のオイルは、ポンプ機構を潤滑し、真空システムから水分や汚染物質を収集します。簡単に言えば、オイルはポンプを動かし続けるものです。 

LEYBONOLが他のブランドよりもポンプに適している理由は何ですか?

LEYBONOLオイルは、厳選されたプレミアムな性能、高度に精製された原料から調合され、汚染物質や希釈なしで加工されています。幅広い品質管理により、LEYBONOLオイルは、各バッチが一貫しており、卓越した真空性能を発揮することを保証するために、継続的かつ厳格なテストを頻繁に実施しています。 

当社は、可能な限りすべてのアプリケーションおいて、正式な検査室条件だけでなく、現場条件でオイルを作り、テストを行っています。 

真空ポンプオイルは、所有コストの削減にどのように貢献しますか?

LEYBONOLなどの高品質真空ポンプオイルは、消費電力、摩耗、メンテナンスコストを削減します。つまり、LEYBONOLは、ポンプを保護し、その寿命を延ばします。LEYBONOLは通常、他のブランドより長いサービス間隔を提供するため、メンテナンスコストを節約できます。

高品質のオイルを選択することで、信頼性の高いポンプ性能を保護し、総所有コストを削減できます。

真空ポンプにコンプレッサーオイルを使用できますか?

コンプレッサーオイルと真空ポンプオイルは、常に互換性があるとは限りません。コンプレッサーとポンプは、オイルシールロータリースクリューやベーンなど、同じテクノロジーを共有することがありますが、潤滑剤を混合または交換することはお勧めできません。粘度や熱酸化安定性などのオイルの特性は、ポンプのアプリケーションや温度などによって大きく異なります。場合によっては、問題なく動作することもありますが、適切なオイルを使用することをお勧めします。

Oil Finderを使用して、ポンプに最適なオイルを見つけてください。

真空ポンプのオイルを交換する頻度はどのくらいですか?

潤滑油は、無期限に使用できるわけではなく、時間が経過すると、品質が低下します。高温、酸化、プロセス媒体との化学的反応や物理的反応などの条件により、この経年劣化がさらに早まる可能性があります。適切な時期にオイルを交換しないと、スラッジ、樹脂、酸が生成され、結晶化が発生する可能性があります。オイル交換は、常に定期点検の一部です。

オイルの寿命はオイルの種類によって異なります。たとえば、特殊添加剤を使用した合成オイルは、鉱物油よりも高い耐性があります。LEYBONOLのオイルの標準寿命は半年です。寿命が長いオイルでも1年後には交換する必要がありますが、当社の「長寿命」オイルは、最長2年持続します。

温度はオイルの品質にどのような影響を与えますか?

ポンプオイルの耐久性は、温度など、多くのパラメーターに依存します。鉱物油は、最大温度制限が80℃(176˚F)で、それを超えるとオイルは濃くなります。温度が10℃上昇するごとに、オイルの耐用年数が半減することがわかりました。合成油は、100~160℃(212~320˚F)での恒久的動作に耐えることができます。PFPEオイルは、ほとんど不活性で、典型的なオイルの経年劣化の影響を受けません。したがって、PFPEオイルは、250℃(482˚F)までの恒久的な温度に耐えることができます。また、運転条件がオイルにとって低温すぎる場合もあり、その結果、水(およびその他の)蒸気が凝縮することがあります。凝縮液は、潤滑特性の低下やポンプの腐食を引き起こす可能性があります。

さまざまなタイプの真空ポンプオイルを混合できますか?

場合によっては、オイルの交換が可能であり、場合によっては、重大な損傷を引き起こす可能性があるため、これはお勧めしません。最良でもポンプの性能が低下する可能性があり、最悪の場合、ポンプ全体が故障する可能性もあります。実際、システムトラブルの主な原因は、オイルの間違いにあります。特に2種類のオイルを混合すると問題が発生する可能性があるため、避けてください。PFPEオイルに切り替える場合は、当社の認定サービスセンターでポンプを扱う必要があります。ポンプは、完全に分解して清掃する必要があります。また、フィルターとシールを交換し、グリスアップも行います。

使用済み真空ポンプオイルはどのように廃棄しますか?

廃棄した真空ポンプオイルを絶対に排水管に流さないでください。古いオイルは、適切な容器(例えば、元の容器)に回収し、地域のリサイクル規則に従って処理します。詳細については、「安全データシートの廃棄に関する注意事項(通常はセクション13)」を参照してください。

真空ポンプのオイルは劣化していませんか?

適切に保管しないと、オイルの耐久性が低下する可能性があります。LEYBONOL潤滑剤の適切な保管に関する重要な推奨事項は、次の通りです。

1)     保管温度+10~+30℃(+50~+86℉)

2)     容器は直射日光から保護する必要があります

3)     ドラムは水平に保管する必要があります

4)     密閉された屋内での保管

5)     保管室は清潔で乾燥している必要があります

オイルの交換時期については、詳細をご覧ください

質問がリストにありませんか?以下のお問い合わせフォームにご記入ください。できる限り早くご連絡いたします。

専門家に相談

.

Contact us

✔︎ 有効 無効な番号 無効な国コード 短すぎます 長すぎます

By submitting this request, Leybold will be able to contact you through the collected information. More information can be found in our privacy policy.
Contact Leybold

Let's talk

We focus on customer proximity. Contact us for all your questions.