製品 サービス ダウンロード 当社について キャリア News & Events

パッシブゲージコントローラー

照射環境下や電子ユニットが故障する可能性のある環境で動作させるために制御装置が取り外されたパッシブゲージを使用して、必要な制御システムを提供するさまざまなコントローラーを取り揃えています。 

ベンチトップ / ラックマウント型ハウジングに設置可能なパッシブセンサー用の小型3チャネル測定計器(1/4 19''、3 HU)

10~12 ~ 1000 mbarの真空圧力計測

フィラメントの断線、センサーラインの不良、プラズマ放電の失敗などの場合に、チャネルごとのエラーメッセージが表示されます

ケーブル長は100メートルまで可能です

RS 232/485およびProfibusインターフェース

CEおよびRoHSに準拠

2種類のモデルが利用可能

  • CM 51では、THERMOVAC TRシリーズの2台のパッシブピラニゲージとPENNINGVAC PRシリーズの1台のパッシブ冷陰極ゲージを制御および表示でき、1000~1 x 10-9 mbar(750~1 x 10-9  torr)の圧力が表示されます。
  • CM 52モデルでは、THERMOVAC TRシリーズの2台のパッシブピラニゲージ、IONIVAC IEシリーズの1台のパッシブ熱陰極ゲージを制御および表示でき、1000~2 x 10-12 mbar(750~2 x 10-12  torr)の圧力が表示されます。 

パッシブゲージは、要求の厳しい産業および研究アプリケーションで頻繁に使用されており、コントローラーも同様に、押し出し式メタルハウジングで電子機器を汚染から保護する頑丈なものとなっています。 

  • シリアル通信およびアナログ出力により、より広い真空システムネットワークに基本的に統合できます。
  • アップグレードされたフィールドバスネットワークへの統合を検討しているお客様向けのProfibusインターフェース。 
  • また、ユニットにポイントリレーを設定し、外部リレー接続を必要としないプロセスをトリガーできるようにします。 

また、低真空から中真空のTRゲージを接続して、高真空から超高真空のPRまたはIEのゲージを自動的に制御することも容易です。この2つを連動させることで、PR/IE真空計が高圧でオンにならないように保護し、寿命を延ばすことができます。 

  • 鮮明で明るい7セグメントディスプレイにより、広い角度からの圧力を見ることができ、多忙なラボや大規模なラボに最適です。 

ユニットは実験台上に置くことができますが、フロントドアのカットアウトや19"のラックに設置できるよう、金属製のエンクロージャーで、ラックマウント(1/4 19", 3 HU)にも対応しています。 

ユニットの動作:

シリアルインターフェースまたはユニット前面のプッシュボタンで操作します。これらを使用して、各チャネルのガスタイプの設定、ゲージのゼロ設定、圧力に応じたゲージのオン / オフの制御などを行うことができます。

100~240 V用に設計されているため、地域限定ではなく世界中で使用でき、システムの輸出が簡単になります。