製品 サービス ダウンロード 当社について キャリア News & Events
PET Extruder System

PET押出機の脱ガス

特殊システム

押出機の脱ガス用の最新真空ソリューション

ライボルトのPET押出機の脱ガスは、広範囲におよぶ製品とプロセスメリットのために、現在ではさまざまな分野で使用されています。材料がリサイクル可能であることが主な理由ですが、経済的なおよび材料的な基準もあります。 

この熱可塑性樹脂の材料特性を完全に開発するための要件は、PET製造プロセスにまとめられています。

複数のお客様が押出機の脱ガスに当社の真空システムを長年使用しているため、当社はこのアプリケーションで膨大な経験を積んでいます。PET押出機の脱ガスのメーカーは、効率的な脱ガスプロセス実現のために当社の効果的なソリューションを活用しています。ドライ機械式のライボルトのポンプは非常に信頼性が高く、システムの長い耐用年数を保証します。

押出成形システムは、繊維、シート、フィルム、チューブなどのプラスチック部品を製造する際の熱可塑性樹脂の準備に使用されます。プラスチック原料(通常はペレットまたはボトルフレーク)が、一軸または二軸スクリュー押出機内で熱と摩擦によって粘性液体に溶融されます。 

ユーザーのメリット

安定した、不変動の真空供給

真空レベルは温度や水温に依存しません

ベント / 脱ガスドームの圧力を調整できます

メンテナンスとサービスの需要を最小限に抑えます

染料クリーニングと並行して定期クリーニングが行われるようにメンテナンスが軽減されます

トレーニングを受けたユーザーがフルメンテナンス(ポンプのクリーニングを含む)を実行できます

予想される誤用に対しても安全なシステム設計

最悪のケースに備えて、ポンプとシステムコンポーネントが層を形成しています

容易なメンテナンスコンセプトにより、外部サービスに頼ることなく自社でメンテナンスすることができます

多目的押出成形システムは他のポリマーにも柔軟に使用できます

環境意識の高まりとリサイクルPETの使用増加により、その目的ための脱ガスシステムや真空システムに対する需要が着実に増加しています。メンテナンス要件を最小限に抑えるために、当社では作動媒体を必要としないドライポンプを使用しています。当社の押出機の脱ガス真空ソリューションは、平均以上の耐用年数を達成できるように設計されています。

標準ポンプをさまざまな組み合わせで使用して、最高の要件を低コストで満たせるようにしています。その際に、社内での清掃作業というお客様が最初に直面する問題も十分に考慮されています。取り外しできるポンプチャンバーを備えたドライ真空ポンプを使用することで、使いやすさを実現しています。

PETの脱ガス時に、大量の蒸気(水、組織溶剤、モノマー、オリゴマー)だけでなく顔料粒子や凝固溶融樹脂も押出機から抽出されて、真空システムに入ります。これらの蒸気は凝縮し、最終的に真空ポンプ内で重合する可能性があります。押出機の脱ガス用のライボルト真空システムは、こうした課題に耐えるように設計されています。

ライボルトの真空SCREWLINEポンプは、過酷な条件下でも動作可能な「ヘビーデューティ」ポンプです。そのため、真空ポンプの前にある粗粒子トラップでのみ機能する真空システムを設計できます。押出機から排出されたガスや蒸気をすべて真空ポンプで処理できます。

当社の真空PET押出機の脱ガスシステムは、その他のポリマー(PSやPLAなど)の押出にも使用されています。両方のポンプが周波数制御で作動し、50 mbarの低圧でも圧力調整が可能です。低圧では、ルーツポンプはほとんど必要なくバイパスできます。多目的押出成形システムでは、システムの使用方法を最適化するために、このようなバイパスラインをシステム設計に含めることができます。

PET押出機の真空システムのメンテナンス間隔は、4~6週間という一般的な製造ラインの最長稼働期間に一致します。真空システムのメンテナンスは、押出機(染料)のメンテナンスと並行してスケジュールできます。

Contact Leybold

お話を伺います。

当社はお客様との身近な関係を大切にしています。ご質問がありましたら、お問い合わせください。