製品 サービス アプリケーション ブログとWiki ダウンロード 当社について キャリア ニュースとイベント
Connection Cable Type B

アクセサリー

ケーブルおよび校正サービス

当社の真空計とコントローラーを接続するために必要なものがすべて揃っています。

過酷なプロセスでの保護のために、ゲージを安全に保つために役立つさまざまなバッフル、フィルター、スパイラルチューブを用意しています。

ゲージの寿命を延ばすことができますが、ゲージの計測能力が損なわれる可能性があるため、この点に注意する必要があります。 

接続ケーブル

当社では、お客様の真空測定システムに適切に接続できるように、さまざまなケーブルを取り揃えています。 

ゲージの校正

計測値の再現性と比較性に関する要件が必須または必要な場合は、あらゆるメーカーのゲージおよびセンサーに対して公平な校正サービスを提供します。 

お客様の要求に応じて、DAkkS(ドイツ校正サービス)またはファクトリーキャリブレーションが発行され、認証されます。必要なレベルに応じて、10-3、10-5、または10-8mbarに校正できます。 

「Deutschen Akkreetierungssstelle」(DAkkS)の任務は、工業用計測と試験の国家標準へのトレーサビリティを確保することです。DAkkSは、連邦物理技術研究所(PTB)、業界、経済連邦大臣、西ヨーロッパ計測クラブ(WEMC)が共同で支援しています。 

ライボルトが使用するDAkkSの校正設備の転送標準はPTBによって定期的に点検(再校正)されています。DAkkSのフレームワーク内で、ライボルトの校正システムはPTBによって点検および承認され、適用された転送標準はPTBによって校正されています。ファクトリーキャリブレーションはPTBで直接較正されていない標準で実行され、代わりに社内の校正サービスの転送標準が使用されます。このように、国内標準へのトレーサビリティは、どちらの場合も保証されます。

Vacuum Gauge Calibration System

ゲージの保護

特に過酷なプロセスでは、保護機能を取り付けてゲージの寿命を延ばすことをお勧めします。主に次の3つの保護のタイプがあります。 

フィルター – メッシュおよび焼結金属として利用でき、粒子汚染がゲージに到達するのを防ぎます。 

バッフル – より低い圧力で測定する場合、フィルターは真空圧力の読み取り値に大きく影響します。そのため、バッフルを使用して現場からプロセスまでのラインを分断すると(ゲージをエルボに配置することができない場合)、発生した材料がゲージを汚染するのを防ぐのに役立ちます。 

最後に、ゲージとシステムの間にスパイラルチューブを取り付けて、ゲージ内の特定のガスタイプの凝縮を防止することができます。代わりに、これらはコールドチューブで凝縮し、ポンプによって抽出される配管に戻ります。 

アクティブセンサ   DISPLAY ONE DISPLAY THREE GRAPHIX
THERMOVAC TTR–FCC68   タイプA タイプA タイプA
THERMOVAC TTR–RS232 D-Sub - - タイプG 

PENNINGVAC PTR–FCC68

タイプA(PTR 90シリーズのみ)  タイプA タイプA 
PENNINGVAC PTR–RS232 D-Sub - - タイプG 
CEREVAC CTR–D-Sub - - タイプC 
IONIVAC ITR–D-Sub - - タイプC 
接続ケーブルの技術データ 
  センササイド  コントローラ/お客様サイド 
タイプA

FCC 68(RJ45)、8極、シールド 

FCC 68(RJ45)、8極、シールド 
タイプB Sub-D 15極メス、シールド  FCC 68(RJ45)、8極、シールド 
タイプC Sub-D 15極メス、シールド 

Sub-D 15極オス、シールド 

タイプE Sub-D 15極メス、シールド  裸線端、シールド 
タイプF FCC 68(RJ45)、8極、シールド  Sub-D 15極オス、シールド 
タイプG Sub-D 15極メス、シールド  Sub-D 15極オス、シールド