製品 サービス ダウンロード 当社について キャリア News & Events

大容量用の信頼性の高い排気

ライボルトのRUVACルーツブロワーは、バックポンプと組み合わせて使用され、より低い圧力、より高い排気速度を実現し、より大きな容量が必要な場合に使用されます。従来のルーツブロワーには、熱過負荷から保護するための圧力スイッチが装備されていますが、周波数変換器または内部バイパスラインで動作するルーツブロワーは、継続的に稼働できます。

 大気に対して圧縮するバックポンプと組み合わせることで、これらのポンプはポンプシステムの最大到達圧力を10倍向上させることができます。2つのルーツ真空ポンプステージと対応するバックポンプにより、10-5mbar(0.75 X 10-5Torr)までの範囲の圧力を得ることができます。

ルーツブロワーは、内部圧縮のない容積式ポンプです。これは、大気に直接圧縮できず、対応するバックポンプを必要とすることを意味します。バックポンプとルーツポンプの組み合わせを選択する場合、2つのポンプの排気速度の比率が決定的になります。これをグラデーションと呼びます。一般的なグラデーションは、1:2と1:8の間です。これはルーツブロワーが通常取付けられたバックポンプより2から8倍高い排気速度を有することを意味します。グラデーションは、それぞれの動作点におけるルーツポンプの吸気口と排気口間の圧力差を決定します。基本的に、必要なモーター電力はこの圧力差に直接依存し、比例します。モーターの過負荷とポンプの過熱を防ぐため、ルーツポンプ間の圧力差が一定の値を超えないようにしてください。 

ライボルトのクラシックルーツブロワー

クラシックルーツブロワーであるWA&WSシリーズには、主電源電圧を直接供給し、一定の速度で動作するシンプルなフランジ取り付け型モーターまたは一体型モーターが装備されています。モーター負荷は吸気口圧力の上昇に伴って増加するため、これらのルーツポンプは特定の圧力以下でのみカットインされる場合があります。したがって、このタイプは、非常に長い排気サイクルまたは低圧での定常運転にのみに適しています。高速で周期的な排気の場合は、ルーツステージのオンとオフを常に切り替えることは実用的ではありません。ルーツポンプを確実に保護するために、ポンプのカットインポイントをモニタリングする圧力計が常に必要です。大気圧に対して真空下でドライブシャフトをシールするには、いくつかの原則があります。

ライボルトは、3つの異なるシリーズWA、WS、WHを使用して、さまざまな産業アプリケーションに対応するさまざまなソリューションを提供しています。

RUVAC WA / WAUシリーズ

RUVAC WA / WAUルーツブロワーには、フランジ取り付けモーターが装備されています。ドライブシャフトはシャフトシールを通して外側に供給されます。これにより、シンプルで費用対効果の高い標準モーターをフランジに取り付けることができます。 

Composing RUVAC WA WAU

RUVAC WS / WSUシリーズ

11732 RUVAC WS 501

RUVAC WS / WSUルーツブロワーには、キャンドモーターが装備されています。モーターローターとステーターは、強力または有毒な媒体の排気に重要な完全にシールされたポンプ用の薄壁カートリッジで分離されています。WSシリーズのモーターは、水冷式と空冷式の両方が用意されています。シャフトシールリングがないため、WSポンプのメンテナンスは比較的容易です。

RUVAC WH / WHUシリーズ

RUVAC WH / WHUルーツブロワーには、ハーメチックシールモーターが装備されています。WHポンプは気密性が高く、環境に排出してはならない有毒ガスの排気に適しています。キャンドモーターポンプとは異なり、WHポンプはモーターステーター全体をプラスチックでカプセル化しており、真空で動作するモーターローターから分離しています。金属缶を取り除き、ギャップを小さくすることで効率を高めます。WHシリーズは水冷機能を内蔵しており、特にエネルギー効率に優れています。

RUVAC WH / WHU 7000

周波数変換器付きルーツポンプ

RUVAC WS 2001 Vacuum Roots Blower

ライボルトのルーツブロワーは一体型周波数変換器が利用でき、外部変換器でも使用できます。

ルーツブロワーを過負荷から保護するためのエレガントでエネルギー効率の高いソリューションは、周波数変換器を使用することです。これらのコンバーターは、ポンプのモーター速度を負荷に合わせて調整し、すべての動作範囲で安全な稼働が可能になります。高圧では、ポンプはよりゆっくりと回転し、最高速度に達するまで加速して圧力を下げます。さらに、周波数コントローラーを使用するライボルトのルーツブロワーはすべて、対応するダイレクト - オンラインバージョンよりも高速で運転することができます。これにより、低圧領域で達成可能な排気速度を大幅に上げることができます。

周波数変換器を備えたルーツブロワーは容易にモニタリングでき、ネットワークに接続でき、インダストリー4.0に対応しています。  

Contact Leybold

お話を伺います。

当社はお客様との身近な関係を大切にしています。ご質問がありましたら、お問い合わせください。