製品 サービス ダウンロード 当社について キャリア News & Events

ドライ真空テクノロジーは、従来の液体ポンプテクノロジーと比較して環境への影響を低減しながら、高い真空効率を実現し、生産性を向上させる新しいアプローチです。基本的に、ドライ真空テクノロジーは非接触型の非摩耗設計であり、必要な真空レベルを生成および維持するために、シール液や潤滑剤に依存しません。そのため、50年前のテクノロジーの運用を維持するために必要な要素を排除または削減できます。現代の工業生産では、ドライ真空ポンプが、所有コストの削減、作業条件の改善、生産稼働時間の向上に役立ちます。

ライボルトのドライ真空ポンプは、運用効率と生産量の向上の両面で、さまざまな業界で飛躍的な進歩を遂げています。このテクノロジーの登場により、複数の業界での運用が可能になり、機器のサイクルタイムを大幅に短縮し、生産性とアウトプットを向上することができました。

より迅速で効率的な運転に加えて、ドライ真空ポンプはメンテナンスの必要性を大幅に低減し、寿命が延長します。ライボルトのドライ真空ポンプは、コンパクト、静かで熱を発しない設計になっています。

Contact Leybold

お話を伺います。

当社はお客様との身近な関係を大切にしています。ご質問がありましたら、お問い合わせください。