製品 サービス ダウンロード 当社について キャリア News & Events
Milestones - Oerlikon Leybold Cologne

創業者

エルンスト・ライボルトは、勤勉さとビジネスチャンスを見極める力を兼ね備えていました。ヴォルフガング・ゲーデは、ドイツ国内だけでも個人的に40件近い真空技術の特許を取得しました。マンフレート・デュンケル博士は、前任者の業績を発展させ、会社を前進させました。

Our Founder Ernst Leybold

エルンスト・ライボルト氏

エルンスト・ライボルト氏

創業者と社名の由来

* 1824年11月17日ローテンブルク/タウバー(ドイツ)
† 1907年2月10日ケルン(ドイツ)

エルンスト・ライボルト氏は父親や祖父と同じく商人としてスタートしました。1846年、ローテンブルクという小さな町の育った家を出て、ケルンの輸入会社Böcker社で営業の職に就きました。1850年、彼はコーヒーの輸入代理店に就職しました。1851年には、外国産ワインやさまざまな薬局用品の販売代理店兼輸入業者であった地主のマーティン・コーテ氏が急死し、ビジネス経験のない妻が残されたため、ライボルト氏が間に入って手伝いをすることになりました。

彼はまず、ひたすらビジネスを動かし続けました。その後、彼は資金面でも関与し、最終的にE. Leybold社(旧Leybold & Kothe社)の名で1863年に会社を引き継ぎました。ライボルト氏は、コーテ氏の相続人との継承の一環として、薬局用品事業を拡大しました。この決断は正しいものでした。理化学機器、医薬機器とその付属品のビジネスは成功し、ライボルト氏はすぐに家を所有し、土地を取得するようになりました。

1864年、シルダーガッセ/ブルデル通りに新しい建物を建て、本店をオープンしました。当時は、社内生産を控えめにしていました。1865年には経済的に成功したことから、ライボルト氏とユリウス・バージョン・ホルレーベン氏は、その1年前にエーレンフェルトにガラス製造会社を設立しました(1872年からはRhein. Glashütten AG社)。1870年、ライボルト氏は最初の会社を彼のパートナーのオットー・ラーデンドルフ氏および商人のエミル・シュミット氏に売却することを決め、彼らは「E. Leybold’s Nachfolger」(社名)として会社を首尾よく継続させました。

1860年代初め、ライボルト氏はすでに不動産投機に着手し、さまざまな不動産取引で成功を収めていました。その後、ケルン南部のマリエンブルク・ヴィラ・コロニーの建設という壮大な都市計画プロジェクトに目を向けました。彼は、マリエンブルグの敷地を、邸宅と500エーカーの土地とともに適度な金額で購入しました。彼は1873年に邸宅に移り住み、土地を貸し出すようになりました。ライボルト氏は、区画整理された土地を販売するだけでなく、例えば、ケルンの現在の交通幹線である、バイエンタールベルト、グスタフハインマンウフェル、ミリタリーリングロード、ボナー通りの間の地域なども売りに出しました。代わりに、この地域の住宅価格を引き上げようとしました。コロニー内の道路建設、下水道やガスの接続などの強固なインフラ整備を提供し、ケルンへの交通網(例えば、路面電車)の整備など、当局との均衡も行いました。そのため、ライボルト氏は晩年、真空イノベーションや科学的なプロジェクトの発展よりも、都市開発やさまざまな不動産プロジェクトに力を注ぎました。現在でも、Leybold GmbH社の170年の歴史において最も影響力のある人物の1人であると考えられています。彼の柔軟性と複雑性は、今日でも会社の価値観に反映されています。

Our Founder Gaede

ヴォルフガング・マックス・ポール・ゲーデ氏

ヴォルフガング・マックス・ポール・ゲーデ氏

現代の真空技術のパイオニア

* 1878年5月25日レーエ、ブレーマーハーフェン(ドイツ)
† 1945年6月24日ミュンヘン(ドイツ)

もう1人、20世紀初頭に当社の運命に大きな影響を与えたのが、ヴォルフガング・ゲーデ博士でした。1897年、ゲーデ氏はブライスガウのフライブルク大学で医学を学び始めましたが、すぐに物理学研究所に転じ、1901年に「金属の特定熱の温度変化について」という論文で博士号を取得しました。

しかし、当時のポンプ技術で達成できる真空度が不十分であったため、真空中のボルタ効果の研究は失敗に終わりました。この問題をきっかけに、同博士は、ライフワークである高真空を発生させ、測定するための完全に新しく効果的な装置を作り始めました。1905年、彼はメラノで開かれた自然科学者の会合で、回転式水銀空気ポンプを発表し、大きな反響を呼びました。このポンプ(およびオイルカプセル式ポンプ)はすでに知られていた原理を技術的な改良したものに過ぎなかったにもかかわらず、かなりの反響でした。1906年、当社は彼との共同作業を始めました。1906年から彼が亡くなるまで、ケルンのE. Leybold’s Nachfolger社との顧問契約により、最初はカールスルーエで、その後はミュンヘンで、個人的な研究室で研究を継続することができました。

 

Milestone - Founders Dr. Dunkel 1967

マンフレート・デュンケル博士

マンフレート・デュンケル博士

企業のオーナーおよびGAEDE Archivesの設立者

* 1898年11月27日ブレーメン(ドイツ)
† 1985年4月26日ケルン(ドイツ)

1931年、マンフレート・デュンケル氏は、義理の父であるアルフレッド・シュミット氏からE. Leybolds社のナーハフォルガー氏が設立したケルンを拠点とする高真空ポンプと科学教材の特別工場である会社を引き継ぎました。カールスルーエ大学の教授であったW.ゲーテ氏が開発した真空技術を利用して、高真空技術のプロセスを拡大することに成功しました。1952年に彼は子会社Leybold-Hochvakuumanlagen GmbH社を設立しました。1967年には、彼の指揮の下、両社はハーナウにあるヘレウス真空部門と合併し、Leybold Heraeus GmbH & Co.社を設立しました。

1968年、彼は引退して私生活に専念するようになりました。

デュンケル氏は数々の名誉職を歴任し、数々の賞を受賞しました。1964年から1966年まで、ケルンの金属産業雇用者協会の会長を務め、1950年から1969年までドイツ精密機械・光学産業協会の理事、ケルンの連邦地裁、商業・雇用審査員も務めました。マンフレート・デュンケル氏は1984年にGAEDE財団を設立し、その資産の基礎を築きました。

GAEDE-財団

1984年にマンフレート・デュンケル氏によって寄付されたもので、通称「GAEDE-Stiftung Preis」として知られています。

Logo Gaede Stiftung