産業用途

「産業用途」とは、真空技術を必要とする幅広い生産工程を指します。

「産業用途」とは、真空技術を必要とする幅広い生産工程を指します。スチール脱ガス、熱処理、真空乾燥、ヘリウム漏れ検出などの用途の共通点は、過酷な産業環境でポンプを使用することです。これらの用途では「単なる空気」以上を取り扱うため、対処が必要です。弊社の産業用ポンプは、これらの用途向けに製造されています。

  • 熱処理

    真空炉の分野では、航空宇宙産業や自動車産業などで高品質の金属部品の需要が年々高まっており、この分野を牽引する原動力の1つとなっています。これらの産業では、最高の基準に適合する最新のコンポーネントが求められます。最高の基準に適合するには、真空下での熱処理を施す以外に方法はありません。 

    生産工程は通常、ジャストインタイムモデルに従って設計されているため、炉に不測のダウンタイムが発生すると高額の生産コストの発生につながります。使用する真空システムにより、熱処理用途にはそれぞれ異なる課題があります。

    1850年以降、弊社はその経験と専門知識により世界各地のお客様から信頼をいただいています。ライボルトは、各熱処理用途に最適な真空技術を提供しています。

  • 二次冶金スチール脱ガス

    二次製鋼には、一次冶金プロセスで生産された粗鋼の精錬が含まれます。さまざまな作業は通常、取鍋で実施されます。二次冶金では、合金元素が添加され、スチールに溶存したガスが低下し、炭素成分が減少し、含有物が科学的にまたは変化して、鋳造後に高品質のスチールが生産されます。最高レベルのスチール品質を確保するため、多くの工程は真空下で実施されます。
    現在、従来の蒸気噴射式真空システムから、省エネルギーで環境にやさしい機械式真空システムへの入れ替えが進んでいます。ルーツ型ブースターポンプと組み合わせた非常に堅牢なドライ圧縮スクリュー真空ポンプの開発により、機械式真空システムは、最高の生産高を実現するために必要な信頼性レベルに到達しました。

  • エネルギーストレージ

    私たちが直面しているエネルギー革命も、技術課題となっています。太陽光発電所や風力タービンから提供される環境エネルギーは、多くの場合、現在の需要に合っていません。オーバーランエネルギーは、高グレードの一時的なストレージソリューションが必要です。効率的なエネルギーストレージソリューションは、 1 回当たりの充電範囲を拡大し、製造コストを削減することにより、Eモビリティをより魅力的にさせることも必要になります。そのため、現在のリチウムイオン電池技術を強化する必要があります。真空アシスト生産手順のテイラーメイド真空ソリューションが必要とされます。ライボルト製品は、リチウムイオン電池製造におけるすべての真空関連プロセス手順をサポートし、またエネルギーを保存する機械システムを有効にします。

    • 電極スラリーの脱ガス
    • コーティングした電極の真空乾燥
    • 電解液の注入および脱ガス
    • リチウムイオンのリーク検出
    • フライホイール - メカニカルストレージ技術