産業用途

産業用途

真空技術を活用した現代の産業用途は様々です。
スチールの脱ガス、熱処理、乾燥装置またはリーク検知機械などの多様なアプリケーションの共通の基準は困難な環境においてポンプを使用することであり、「ただの空気以上 」を扱う必要性から当社の産業用ポンプは作られました。

  • 熱処理

    真空炉の使用が広がった1つの理由は、航空、自動車業界からの需要が増大していることです。最新のコンポーネントは真空熱処理によってのみ最高基準を達成することができます。前後工程の生産スケジュールが非常にタイトであるため、予期しない炉のダウンタイムは高コストにつながります。真空システムの活用にとって、様々な熱処理用途は異なる課題を生み出します。165年前から、世界中のお客様が、当社の経験と専門知識を信頼してきました。ライボルトは、各熱処理用途に最適な真空技術を提供します。

  • 二次冶金スチール脱ガス

    VD / VODプロセス:合金スチール真空脱ガス( VD )、ステンレススチール用真空脱炭( VOD )。VD処理は鋼の揮発性ガスの内容物(水素、酸素、スチールの窒素)を削減するために使用され、スチールの機能をさらに強化します。VOD処理は、カーボンまたは蛍光体として酸化化合物のスチール内容物を減らす酸素吹き付けステップが含まれています。さらに、酸素フローをメルトの化学加熱( VD - OB プロセス)に使用することができます。

    RH / RH OB (Ruhrstahl Heraeus)プロセス真空の下のスチール処理の歩留まりを向上します。一般に要求が非常に高く頻繁な真空処理を必要とする統合型製鉄所で利用されています。脱ガスのプロセスは、 VD / VOD と一般的に類似しています。RH システムでは、真空容器の下側底部にの 2 つのシュノーケルがあり、これはレードルベアリングスチールバスに浸っています。容器真空引きにより、スチールが処理チャンバに持ち上げられます。

  • エネルギーストレージ

    私たちが直面しているエネルギー革命も、技術課題となっています。太陽光発電所や風力タービンから提供される環境エネルギーは、多くの場合、現在の需要に合っていません。オーバーランエネルギーは、高グレードの一時的なストレージソリューションが必要です。効率的なエネルギーストレージソリューションは、 1 回当たりの充電範囲を拡大し、製造コストを削減することにより、Eモビリティをより魅力的にさせることも必要になります。そのため、現在のリチウムイオン電池技術を強化する必要があります。真空アシスト生産手順のテイラーメイド真空ソリューションが必要とされます。ライボルト製品は、リチウムイオン電池製造におけるすべての真空関連プロセス手順をサポートし、またエネルギーを保存する機械システムを有効にします。

    • 電極スラリーの脱ガス
    • コーティングした電極の真空乾燥
    • 電解液の注入および脱ガス
    • リチウムイオンのリーク検出
    • フライホイール - メカニカルストレージ技術