油拡散ポンプ用 LEYBONOL ポンプは、室温で低い蒸気圧を示し、熱分解と酸化に抵抗できるることが必須です。圧力の広い範囲で高排気速度を実現します。

ポンプ液体の表面張力は油膜の「クリープ」を減らすために高くある必要があります。それらは化学的に不活性で、引火点が高くと蒸発熱が低い特徴があります。 
 
拡散ポンプ用鉱物油( LEYBONOL LVO 500 および LVO 510 )は、特に注意をして蒸留される高品質のベース製品のフラクションを密に許容します。
これらのポンプの流体は、高真空内で作業する場合に特に適しています。
 
シリコンオイル( LEYBONOL LVO 520 および 530 LVO )は正確に限定した化合物で構成され、非常に抵抗力があります。極めて蒸気圧が低いため、シリコンオイルは動作フルードに特に適しています。大量の空気が流れた後であっても、シリコーンオイルはエージングがなく質量分析計に明らかな変化もありません。強鉱酸、アルカリ、強酸化剤は、シリコーンオイルを分解することができます。
 
LEYBONOL LVO 540 は、炭化水素化合物で、油蒸気ジェットポンプで使用するために開発されました。耐熱、耐化学性が高く、耐酸化性が高度で優れています。中真空範囲内の蒸気ジェットポンプの排気に不可欠な高速度を実現しています。