熱成形 - ロールストック包装

このプロセスにより、2 つのプラスチックフィルムのリール、または事成形トレイ間にすべての種類の食品のを連続的に包装することができます。下部のフィルムが加熱され、容器を形成しています。

上部のフィルムは、 熱成形容器上に配置され、周囲の空気から、製品を保護するために熱溶着されています。製品が調整雰囲気内でスキン包装、または包装されます。両方のケースで、真空が必要になります。

フィルムは、形成ダイへ進み、熱と真空が食品容器を形成する(熱成形)するために使用されます。素早く冷却した後、食品が容器に載せされ、シーリングダイへと進められ、真空引きされて上部のフィルムが容器を熱で密閉します。

ロールストック包装 :

調整雰囲気のガスフラッシングも容器の熱封入前に組み込まれている場合があります。 

代表的なポンプの範囲は 1 段式 40 ~ 2,000 m3/h でブロワを含みます。小型のポンプが、熱成形プロセスに使用されます。一部のマシンは 3 つのポンプ – 高速ポンプ用ブロワステージと、排気用大型前方ポンプを使用しています。これはパッケージの真空引きのために使用されます。また、小さい SOGEVAC が最初にトレイや袋の形成に使用されます。販売中のライボルト製品には、 SCREWLINE SOGEVAC、RUVAC が含まれています。

一般的なポンプシステム:

回転翼またはドライポンプからなる中央真空システム。

 

熱成形

ポンプ温度

酷使操作 ( サイクル )

埃 / パウダー / 微粒子

水分

トレイの封入

ポンプ温度

酷使操作 ( サイクル )

埃 / パウダー / 微粒子

水分