食品および飲料

食品および飲料

真空を使用せずに食品・包装業界は成り立ちません。密封包装だけでなく、食品製造・加工にも必要です。166年を超える真空技術の経験により、ライボルトは現在、食品加工、食品包装分野のお客様の要求を満たす製品の範囲をご提供します。実績のある、お客様の用途のためのソリューションをご紹介します。

  • 食品包装

    目的は、(通常は)食品の保存期間を延ばすためにコンテナからの酸素を削減し、柔軟性の高い包装形態にすることにより内容とパッケージの容量を減らすことです。酸素残留量を減らすことによって、好気性の細菌の成長が制限され、保管期間を通常5~10倍に延ばすことができます。

    さらに、真空包装は揮発性成分の蒸発を防ぎ、味や品質を保護し、乾燥した冷気から食品を保護することによって冷凍焼けを低減します。一般的に異なるプロセスや技術が使われます。

     

  • 食品加工

    食品加工には、生の原料を食品に、または食品を他の形態に変えるすべての変容手順が含まれています。これは通常収穫された作物や解体された動物を洗浄するために行われ、これらを魅力的に、販売用に、そして食品の貯蔵機関が長くなるように使用します。同様のプロセスは動物の飼料を生成するために使用されています。

    食品加工は、様々な特質に対して真空が頻繁に使用される用途の非常に広い範囲をカバーしています。