165年のエリコンライボルトバキューム

エリコンライボルトバキュームが真空技術のパイオニアとして見られるのは当然なことです。165年間、ドイツ、ケルンに位置するライボルト社は、真空ポンプとシステムを開発し、提供し、真空のソリューションとアフターサービスを広範な産業および研究用途のために、標準化およびカスタマイズしてきました。

これらの産業分野では、エリコンライボルトバキュームは、低、中、高、超高真空ポンプ、真空システム、測定計器と計器、リーク検出器、バルブ、継手、特定顧客用途の広範なポートフォリオによる完全な真空ソリューションのコンサルティングとエンジニアリングを提供します。

革新的な開発のための遺産

設立は1850 年でした。この年に、同社の創立者の 1 人である Ernst Leybold が公式にこの企業を引き継ぎ、真空技術の包括的な産業の道を歩みました。1970 年に会社を再度売却した後であっても、彼のビジョンは維持されています。会社の歴史の最も重要なマイルストーンの 1 つは、物理学者ウォルフガング・ゲーデの分子ポンプの開発です。

拡散ポンプ100年

物理学者の名前は、別の非常に成功した効果的な用途で使用されている排気タイプにも関連しています。 100年の間、拡散ポンプは多くの高真空プロセスのためのかけがえのないものでした。この原則で、真空引きするためのジェットとガスの混合は、ジェットストリームにガスを拡散することによる影響を受けています。拡散ポンプの近代化は、真空炉の冶金用用途として、省エネルギーの、高い潜在能力を提供しています。

回転翼ポンプ TRIVAC B ®80年

油回転の成功事例、回転翼ポンプ TRIVAC B は 80年前に開始しました。これらの汎用ポンプは、各種真空技術用途で使用され、産業生産および研究における効率性を提供し、低・中真空圧力範囲、ルートポンプ、拡散ポンプなど、ターボ分子ポンプまたはクライオポンプなど他の型との組み合わせのバックアップポンプを製造します。

TRIVAC ポンプシリーズの中では、回転翼の原則に基づいて動作している場合には、ポンプ室のオイルはシーリング、潤滑および冷却の役割を果たします。ポンプの利点は、分解と組み立てが容易に処理できることです。これらのモデルの用途は、パフォーマンスの向上において見られ、様々な周辺機器が必要です。

エリコンライボルトドレスデンの25年

ライボルト本社だけが、記念日を祝っているのではありません。1990年には、エリコンライボルトバキュームのドレスデンの拠点は、革新的なクライオ技術用途の高技術分野に統合されました。Fraun-hofer、 Helmholtz- Leibnitz-Institutes などの定評の半導体企業や研究機関は、Silicon Saxony 分野から培われました。ほとんどの研究と産業の領域が今日真空を使用するため、エリコンライボルトバキュームのお客様との接近度は、決定的なメリットです。 ドレスデンは、ピボットポイントとなり、真空ポンプ全体範囲の欧州アフターサービスのコンピテンシーセンターです。低温技術の主な用途は航空宇宙を含み、ここではロケットエレメント、人工衛星やスペースシャトルの品目または宇宙ステーションの部品が大空間シミュレーション室でテストされます。
「この積極的な開発と長年の専門知識のため、エリコンライボルトバキュームは、最も凝縮された用途とプロセスの技術的ノウハウを投入しました」と、エリコンライボルトバキュームのCEO (最高経営責任者) Martin Füllenbach 博士が説明します。「プロセス産業の真空技術のパイオニアとして、コーティング用途、研究開発の分析方法と用途、において世界 3 大のサプライヤに属しています。当社は、新しい用途とプロセスの初期の段階のコンサルティングフェーズにおいて活動中の専門家として当社のお客様を支援することを誇りに思っています。販売サービスと当社の地元のフットプリントで、当社はお客様にとって信頼性の高いパートナーであると自分たちを見なしています。」
バキューム生成とガスの管理の処理の用途の拡大とお客様固有のシステムの開発となるとが専門家が必要となります。
165年の、会社の長い成功事例は今後確かに拡大します。