エリコンライボルト真空ポンプドライ電極リチウムイオン電池製造

真空のエネルギー効率 - リチウムイオン電池を生産する有名な韓国のグループは、エリコンライボルトバキュームに真空システムの供給の契約を発注しました。

同社はいくつかの生産ラインを備えています。2016 年の夏には電極乾燥のためにこれらのシステムを提供できることが期待されています。

ドライスクリュー真空圧縮ポンプ DRYVAC DV 450 C 、および実績のあるルート RUVAC WH 2500 をシステムと組み合わせれば、お客様生産ラインを最適化します。契約の落札のための決定的な要因は、特にの低コストでの運用とサービスを提供する優れた処理能力でした。「また、顧客、販売、および用途サポートとの間の双方向のスムーズなコミュニケーショが当社のコミットメントを示しています」エリコンライボルトバキューム韓国の販売部長 HY Moon は言います。

電池の製造において、真空技術はいくつかの生産手順に使用されて、生産効率向上のための重要性が高いのです。それら全体のライフサイクル中に、電池は高品質を維持する必要があり、高パフォーマンスの真空システムは、高品質な電池条件、例えば特定の乾燥処理、を提供するために、維持管理する必要があります。電気自動車のリチウムイオン電池は特に、体積のストレージ容量の需要に対応し、軽量で、安全であるというこれらの品質要件がますます高まっているため、重要となっています。電極の乾燥から離れて、真空を利用した製造手順は電池の組み立てとリーク検出のテストで構成されています。

ケルンからの真空の先駆者は、今年、さらなる事業の取引を期待しています。「この注文で、電動モビリティの近代的なエネルギー・ストレージの、市場が急速に成長する魅力的なビジネス分野で明らかに我々の位置づけができます」と、エリコンライボルトバキューム の CEO (最高経営責任者)のMartin Füllenbach 博士は述べています。今年のビジネスの可能性は肯定的であり、特にリチウムイオン電池の市場は、今後 3 年の間に持続的な増加を予想を示しています。

そのプロセスと用途の知識が豊富で高度な、エリコンライボルトバキュームは、充電サイクルごとの範囲の拡大と低コストでの生産のために、マス市場用途のリチウムイオン電池高い魅力に到達するために、生産概念の向上にも貢献してます。