遠隔監視でプロセス信頼性を保証

計画、予測可能性、およびプロセスの安全性は、効率的な生産環境の統合部分となるコンセプトです。これらの目標を達成するために、体系的なアプローチが必要になります。2013 年以降、真空コンポーネントおよびシステムのメーカー、エリコンライボルトバキューム は、これらの目標を達成するために、自社の顧客をサポートする監視ソリューションを使用しています。エリコンライボルトバキュームは、フランクフルトの ACHEMAに6月15-19日、デュッセルドルフの THERMPROCESS / METEC に6月16-20日参加します。

世界のトップメーカーの近代的な真空ソリューションは、広範な技術論理用途で使用されています。スチールの脱ガスなどの荒い産業のプロセスとディスプレイ生産などの他の産業のハイテク方法において、真空ポンプおよびシステムは、製造プロセスのコアコンポーネントであり、このため知的なメンテナンス戦略が必要となります。監視ソリューションに基づいて、エリコンライボルトはお客様にカスタマイズされたサービスレベルアグリーメント( SLA )を提供し、サービスの専門家の可用性を保証し、高速な応答時間を保証しています。状態ベースの、予知メンテナンス戦略の最大は、工場の可用性を最大限化し、予期しないコストのかかる生産のダウンタイムを最低限化します。

熱処理プロセスの分野では、ドライ圧縮ポンプの振動監視システムにより巨大な可能性を提供しています。ポンプの摩耗の増加が検出され、または沈積物形成や粒子移動などのプロセス条件に影響を及ぼします。ポンプの状態を実際に操作する必要がある場合にメンテナンス対策を開始することができます。実行時間が最大限化され、メンテナンススタッフをより効率的に導入することができます。障害費用について、予防的メンテナンスの投資収益率( ROI )リターンは高く、また生産と同様に全体の保守管理のための継続的な改善プロセスをサポートしています。

ほとんどの場合、企業は高価なセンサーの追加取り付けが必要ありません。「最初のステップで、当社は当社のポンプが作成するデータを使用します」と、エリコンライボルトバキュームのグローバルフィールドおよびリモートサービスのシニアマネージャー、Thomas Knecht は説明します。「しかし、追加のセンサーは、より複雑なタスクにおいて予測可能性を高めるのために使用することができます。」

状態ベースのメンテナンスは、実際の消耗によって故障が起きたときのみにメンテナンスを実施対策します。監視ソリューションは、傾向曲線、重大な状態、ストレージおよび履歴データ表示のみでなく、累積消費電力値の計算もします。必要なメンテナンス作業はメンテナンスプランパネル上に表示されます。必要なツールと必要なスペア部品を表示する一方で関連するメンテナンスマニュアルを提供します。

「将来的には、監視は当社のサービスプロセスにさらに統合されるでしょう」と、Thomas Knecht は述べています。最も単純なケースでは、サービス技術者は、サービスリクエストの情報を自分のスマートフォンで直接取得します。次の手順では、サービスの注文が SAP 内に自動的に作成され、技術者を動員するか、保存監視データに基づいて、スペア部品の供給を多内ます。「当社の顧客は 1 つの事、システムの可用性を欲しています!監視ソリューションにより、監視対象のデータの分析に基づいて、当社のお客様を非常に迅速にご支援できるようになりました」と、クネヒトは言います。サービス組織は、このエリアでのパフォーマンスを強化し、続行して、このシステムを使用するサービス技術者のトレーニングにさらに投資しています。

このため、監視ツールにより エリコンライボルトがお客様に提供することができるサービスを最適化しながら、レディーメイドのサービスソリューションを備えた工場の可用性が向上します。「ここでは、サービス組織全体が成長します。これらの対策のための戦略的方向性は、ドレスデン能力センターへサービスを移すことによってすでに設定されており、また、国際的にも当社は当社のお客様への接近度を強化しています。当社の顧客サービスの地元での拡大、そしてリモートサービスによって提供される可能性は、さらに成功するための重要なポイントです」と、エリコンライボルトバキュームCEO (最高経営責任者)の Martin Füllenbach 博士は述べています。