ハイパーループ将来への移転

エリコンライボルトバキュームは地上高速輸送システムの真空技術を提供しています。

ケルンを拠点の真空パイオニア、エリコンライボルトバキュームは、真空技術の広範な専門知識を、今後最も挑戦的な交通機関のプロジェクトの 1 つに注ぎます。Hyperloop Transportation TechnologiesのCEO (最高経営責任者)でドイツ系アメリカ人の空想的な Dirk Ahlborn は、 Tesla の創業者 Elon Musk の、一見ユートピア的な考えの実現を目標に設定しています。2018 年以降、人々は削減圧力チューブシステムを使用して、航空機速度で旅行をするでしょう。

実現前に、多数の真空条件のテストと計算が必要で、ハイパーループトラックはカリフォルニアのキーバレーで、2016年に建設が始まり、この概念の都市の住民輸送開始が行われます。トラックは 8 キロメートルにエリコンライボルトバキュームの真空排気装置が接続された長いトンネルです。

100 mbar ~ 1 mbar の範囲内の予測圧力範囲で最適な真空状態を使用しているため、トランスポートカプセルは空気抵抗が減少し、したがってシステムの総エネルギー要求が大幅に減少します。

このようなプロジェクトに適した真空システムの選択は、テストコースの設立にも、後続の永久的な使用のためにも重要です。操作中に、安全係数、メンテナンスの容易さ、運用コストと持続可能性が重要なパラメータで、これを考慮する必要があります。これらの設計および製品開発の問題を慎重に考慮すると、ライボルトバキュームがプロジェクト管理の重要な部分を占めてることとなります。様々な長期的な研究プロジェクトから得られた経験が、最適な真空レベルの必要に応じた評価に貢献しています。

さらに、 165 年のテクノロジーのリーダーが蓄積してきた真空の専門知識をタスクに投入します。排気回数に関して、エネルギー要件と推奨設定は、エリコンライボルトがすでにシミュレーションを実行しています。

「当社独自のシミュレーションソフトウェア PASCAL を使用してハイパーループ全体の細部を解釈でき、最適な動作を実現するために必要な真空装置を計算します。さらに、実行時に関わる真空工学のためのすべての設計問題と、後続の実装のための契約パートナーにすでになっています。」エリコンライボルトバキューム のこの野心的なプロジェクトを、ビジネス開発、リーダーヘッドのCarl Brockmeyer が説明します。既存の実証済みのポンプおよびシステムを利用してただけで、様々な組み合わせの各種真空が可能で、ドライ圧縮、従来の油回転真空ポンプとも組み合わせられます。

エリコンライボルトバキューム は、技術の高いポテンシャルを見ています。なぜなら真空技術が必要とされており、会社がハイパーループの成功に貢献することを目的にしているからです。「従来の交通手段に革命をもたらす、何か根本的に新しいものへ貢献していることには非常に特別な刺激があります」と、エリコンライボルトバキュームの CEO (最高経営責任者)のMartin Füllenbach 博士は言います。

エリコンなど、十分な経験を持つ企業は、リソース、製品、関連する方法でそのようなプロジェクトを実施しする最適な機会を得ました。ビジョンを現実のものになるようにするために、エリコンライボルトバキュームなどの強力なパートナーをハイパーループプロジェクトのマネージャが探している理由がこれです。

詳細についてはご連絡ください:

Carl Brockmeyer
ビジネス開発ヘッド
電話:+49 221 347 1292
FAX: +49 221 347 31292
carl.brockmeyer@leybold.com
www.leybold.com

Christina Steigler
コーポレートコミュニケーション
電話:+49 221 347 1261
FAX: +49 221 347 31261
christina.steigler@leybold.com
www.leybold.com