エリコン ライボルトバキュームは濃縮ウランのエリアで1000万ユーロ以上を受注

グローバルエネルギー企業は革新的な真空機器に投資しています。

ドイツ、ケルン / Pfäffikon SZ 、スイス、 2013年10月10日、エリコンライボルトバキュームは、世界中の原子力発電所で使用されているウラン遠心機の世界的な製造業者から二桁の百万ユーロの真空技術を受注。エリコンライボルトバキュームは、アメリカ合衆国でお客様の新工場で使用される 12 の異なるサブシステム用に、信頼性と実績のある前方真空装置を提供しています。エリコンは厳しい顧客および規制に関する仕様を満たすように製品設計最適化しています。「この受注により、当社が非常に複雑で厳しい真空アプリケーションのマスターで技術的指導者だということを再び実証できました」と、エリコンライボルトバキュームの CEO (最高経営責任者) Martin Füllenbach 博士は言います。

ウラン遠心分離技術は原子力発電と、医療および産業用途で使用されています。原子炉は 4 ~ 5 %の濃度の同位体 U 235 を効率的に実行する必要があります。U 235 同位体は天然ウランの濃度は 0.7 %であるため、遠心分離機を使用した濃縮プロセスが必要なのです。1400 段階からなるプロセスの 、それぞれがディフューザー、コンプレッサと熱交換器を使用してU 235 濃度が 4 ~ 5 % の製品を作っています。真空はシステムを介してガス引きをするために必要なので、動作を保証しなければなりません。

「当社の専門知識は真空コンポーネントで終わりません。この契約の重要な部分は、プロセス開発用真空エンジニアリングです。当社専門知識と国際的な活動範囲を指定し、高いアメリカの仕様にシステム設計することは通常のビジネスとは違います」と、セグメント最高経営責任者 (CEO) Füllenbach は述べています。「当社のお客様のニーズを、品質基準と規制コード理解することで、エリコンライボルトバキュームは、信頼性の高いパートナーと選ばれたサプライヤーになりました。」

詳細についてはご連絡ください:

Christina Steigler
Leybold GmbH
マーケティング・コミュニケーション

T +49 221 347 1261
F +49 221 347 31261
christina.steigler@leybold.com
https://www.leybold.com/

ライボルトについて

ライボルトは製造、分析プロセス、研究目的で使用する、幅広い高度な真空ソリューションを提供しています。用途展開を中心としたセグメントのコア機能、そして真空の生成、ガス処理の抽出を行うためのお客様固有のシステム。用途分野は、コーティング技術、薄膜およびデータストレージ、分析機器、クラシック産業処理です。