エリコンライボルトバキューム は新規物流センターに移動します。

真空ポンプシステムのための最大級の高技術ベンダーである、エリコンライボルトバキュームは、今年の初めにはケルンにある、新しい、近代的なリーン物流センターに移動します。プランニング会社 Dr. Schönheit + Partner は、Netphen の建設会社の Günther GmbH & Co. KG が建立しました。この新しい建物は、商品の生産設備を供給し、エリコンライボルトバキュームからお客様と世界各地の関連子会社への国際商品フローを管理する物流ハブとして機能します。

周辺の生産施設の中心に論理的に配置された、この新しい建物は、内部経路の長さをカットしたいくつかの新技術が使われており、到着材料の倉庫時間と、製品の配送時間も低減されます。1年未満の建設期間内に、コンクリートの13,000 tと鉄筋 570 t が使われ、59,000 立方メートルの密閉された空間が作られました。

3 階建ての建物で、地下1階、技術プラントルームおよびスプリンクラータンクで構成されています。1 階には、全体の倉庫と自動小型部品の倉庫、狭い通路倉庫、大型パレット倉庫と、待機エリア付きのロビーのような機能エリア、そして建物の高さ別に配置されたピッキングおよび提供エリアがあります。管理部門は一番上の階の、450平方メートル以上の広さの床スペースにあります。

建物の建設は、通常と異なりました。このエリアはライン川の旧河川敷で、土壌が砂土のままであったため、土壌条件は基礎を徹底してしっかり行う必要がありました。さらに、古い土台と地下がこのエリアで見つかり、杭基礎のバイパス化の必要があり、建物そのものと床スラブの構造に対応するために準備をする必要がありました。228 の大きな穴開けされたパイルが土壌 17 メートルの深さまで入れられ、これが建物を支え、新しい 70 cm の厚さの床スラブが、 16 メートルの高さのストレージラックの負荷に耐えています。狭い通路倉庫内でフォークリフトの回転速度を高い状態にするために、床スラブの平坦性の非常に高い要件を満たす必要がありました。

「このプロジェクトは専門的にもロジスティクスにも私たちにとって要求の高いものでしたが、ターンキー産業、商業ビルの建設での当社の長年の経験と有能なスタッフのお陰で、私たちの長年のクライアントに完全に満足していただくために、プロジェクトを管理することができました」と、建設会社Günther GmbH & Co. KG のエグゼクティブディレクターSiebel 氏は説明します。

比較的厳しい2012年から2013年の冬の間、悪天候にもかかわらず、建設会社 Günther は、遅延せずにすべての納期に対応できるたため、11月には、当社は建物内に引っ越して操業を開始することができました。

「当社は、建築計画とこの概念の実現に非常に満足しています。営業中であり、限られたスペースで工場敷地内のすべての交通量が増したにもかかわらず、すべてが無事うまく行きました。現在、当社は当社の未来志向の物流ビジョンを最適に導入する新しいポジションにいます」と、 エリコンライボルトバキュームのCEO (最高経営責任者)、Martin Füllenbach 博士は言います。

エリコンライボルトバキュームのプロジェクトマネージャー Mark Gabriel が付け加えます。「また、建設会社 Güther からの協力と一貫したソリューション指向の取り組みは、とても肯定的で、非常にオープンであること特徴付けられます。当社は、この建物にスケジュール通りに移動することができたことについて、両方のパートナーの優れたサポートに感謝しています。

基本建物データ:

屋外エリアおよび商品受領スペースを含む合計床面積:3,900 m²
倉庫施設を含む建設期間12ヶ、予定期限 2013年10月、 2 桁の百万の範囲内の投資、倉庫エリア 1904 m ² 、機能エリア 1224 m ² 、管理フロアスペース 478 ㎡、建物の高さは最大約 20 メートル。