エリコンライボルトバキュームは近代的な真空システムで、熱処理や冶金の生産性を向上させています。

真空技術の革新により、熱処理や炉建設、二次冶金技術で生産性の向上に重要な貢献を提供しています。最新のシステムにより、高品質の鋼の生産時にエネルギー削減し、必要な真空レベルを確実に保証するために多数の要件を満たしています。エリコンライボルトバキュームからの特別に設計された真空システムは、デュッセルドルフの THERMPROCESS / METEC に6月16-20日の間出展いたします。

エネルギー効率および熱処理のための堅牢性

エネルギー効率の探索において、熱処理の潜在的な製造元工場は、ますます近代的な真空システムのバリューを考慮するようになっています。長い間、最優先事項は、トラブルのない運転と必要な真空レベルの信頼性の高い生産に置かれていました。これらの要求を満たすこととは別に、エリコン ライボルトバキュームなどのメーカーは常に、良い結果を出す真空ソリューションのエネルギー効率の向上に重点的に取り組んできました。

近代的なスクリュー真空ポンプを開発する際、エネルギー消費量の削減に高い重点を置いてきました。現在は確立された油回転翼ポンプまたは回転ピストンポンプは同レベルとなっています。
600 m3 / h クラスのほとんどのポンプは、一般的な炉作動圧力 1 mbar 未満と約 10 kW の出力が必要になります。ここでは、エリコンライボルトバキュームの DRYVAC シリーズのスクリューポンプが信頼性の高いエネルギーバランスも大幅な削減を実現し、これは最適化されたローターの設計、革新的なドライブの概念、完全に適応周波数コンバータの設置によるものです。

DRYVAC DV 650 の消費電力は、バックアップポンプのエネルギー消費の新しい標準を設定し、総量は 1 mbar でたった 6.9 kW であり、同等の回転翼ポンプを下回ります。内蔵周波数変換器によりさらに消費電力が削減され、優れたプロセス制御が行われています。多くのプロセスステップは、完全なポンプの排気速度、特に浸炭中に低圧力比の下で動作している場合には必要ありません。

前方真空用途において、ドライ圧縮スクリューポンプは非常に過酷な環境下でも性能を発揮します。それらには高いレベルの堅牢性があり塵、粒子、蒸気に強くメンテナンスのコストを大幅に削減します。

近代的なスクリュー真空ポンプを使用したエネルギーの節約に加えて、近代的なルートポンプを使用、または最適化した回転翼ポンプを使用すると、同様の機会が発生します。また、エリコンライボルトバキュームは、確立された拡散ポンプ技術を向上し、ポンプのエネルギー需要を最大 30 %削減する現代的で追加導入可能な電力制御ユニットを作りました。

これらの発展は現代の工業炉の効率に影響を与えます。最適化された真空システムを使用すると、効率は古いオーブンに比べてかなり高くなっています。
今日、ユーザーの現代的で革新的な技術のために発生したすべてのオプションを評価する必要があります。前方真空システムの電源補給口は真空炉の全体的な消費電力の比較的小さい部分だけを表しています。しかし、真空炉が全体サービス寿命を超えると、 大幅なコスト削減ができ、投資は理にかなっています。

二次冶金用モジュラー真空システム

近代的なスチールの脱ガスにおいて、エネルギー集中蒸気エジェクタシステムの代わりに革新的な機械ポンプシステムを使用しています。オペレーターは運用コストを削減し、排出量を削減することができます。

スチールの脱ガスシステムにおける真空技術のエリコンライボルトポンプのモジュラーコンセプトはそのメリットを実証しています。Siemens Metals Technologies や Inteco のようなお客様は、メキシコや中国のエンドユーザーのためにスチール脱ガス用機械真空システムを発注しました。爆発防止のための要件の増大に対応するために、これらの一部のプロジェクトには認定 ATEX 脱ガスモジュールが付属されています。

モジュール内では、エリコンライボルトバキュームは、2 種類の異なる真空ポンプの種類を使用し、 いずれもケルンの工場で大量に社内開発されたもので、他の用途にも使えるものです、これらは主にルートポンプ RUVAC WH 7000 およびスクリュータイプの真空ポンプ DRYVAC DV 1200 です。ポンプの両方のタイプは、ポンプタイプの最も先進的なバージョンで、要求の厳しい用途での使用に最適化されています。すばやく世界中で使用可能なポンプは 2種類あり、サービスを簡素化し、エンドカスタマーのためにスペア部品の在庫を保ちます。

近代的なポンプテクノロジーは堅牢で、信頼性が高く、環境に配慮しており、運用コストを削減します。そのため、システムは低排気とコストの観点から、高品質のスチールを生産する鉄鋼メーカーの増大する要件にぴったり合います。