エリコンライボルトバキュームは、真空熱処理・冶金プロセスで求められる厳しい要求に柔軟性の高いソリューションを提供しています。

エリコンライボルトバキュームは、金属処理分野外の真空システムの注文をグローバルにいくつか獲得し、お客様固有のニーズに合わせて最適化しています。これらの真空ソリューションの利点は、汎用性の高いスキッドで標準の真空ポンプを使用することによる、高い柔軟性です。「これらの注文は、エリコンライボルトバキュームの専門知識が、真空システム効率的で持続可能であると市場から見られているということを示しています。世界的規模ベースで、戦略的に重要な冶金の成長市場に同社が加わることに成功しました」と、エリコンライボルトバキューム の CEO ( 最高経営責任者 ) Martin Füllenbach 博士は語りました。

世界最大の炉の 1 つに真空を供給

炉ビルダーSeco/Warwick は、直径 18 フィートと高さ 39 フィートの、寸法の真空炉を受注しました。これは熱処理用の世界最大の真空炉の1つになります。この炉はコイルを熱処理し、フランスに建設中の新しい熱核融合炉 ITER の建物に置かれます。この炉は、単一 ppm の範囲内にあるプロセスの純度を維持しつつ、125 トンのコイルを華氏 1200度で熱することができます。このような完璧な純度を確保するために、全体の炉はほとんどはステンレススチール製です。重要な要因の 1 つは、炉の連続した複数日の操作を確実にすることです。そのため、真空システムがプロセス条件を維持するために非常に重要です。

エリコンライボルトバキューム USA が大規模スチール脱ガスを受注

エリコンライボルトバキュームは、スチールの真空脱ガスでピッツバーグベースのOEM 専門真空排気システムを受注しました。100 トン VD (真空脱ガス)炉はペンシルバニア州に設置されます。6 桁の注文は、 WH RUVAC ® シリーズ真空のブースターおよび DRYVAC ® ドライ圧縮真空ポンプ段式からなる 3 つのポンプシステムモジュールから構成されています。各モジュールは 9 RUVAC WH 7000 および 2 DRYVAC DV 1200 (7-2 2 配置)を特徴とします。合計の設置は、合計の公称排気容量 205,800 m³/h を実現しています。VD のプロセス中、システムは、水素、酸素、炭素を特定の要件まで効果的に除去のために溶鋼を脱ガスします。

エリコンライボルトバキューム USA が鋼と特殊金属精錬プロセスをサポート

エリコンライボルトバキュームは、高度な真空技術と金属、専門合金、工業材料を処理する制御大気炉を専門にしているニュージャージーベースのOEM からVIM と VAR タイプの炉のサポートで、バキュームブースターとオイル蒸発ブースターを受注しました。VIM と VAR 炉の両方が中国に設置され、 WH RUVAC ® シリーズバキュームブースターを利用する一方で、エリコンライボルトバキュームOB 18000 モデル オイル蒸発ブースターポンプで、 VIM 炉もサポートします。注文は 8 つの真空ブースターおよび 3 つのオイル蒸発ガスブースターで構成されています。

エリコンライボルトバキュームがインドから第 2の VD を受注

エリコンライボルトバキュームの真空システムがフィールドでその付加価値を証明しています。インドでは、最初のライボルト機械真空システムのJAILAXMI Steel での立上げの成功が他のインドのお客様のご注文のきっかけとなりました。今回エリコンライボルトバキュームは、 35 t VD 鋼脱ガスシステムの真空システムを提供します。このシステムは 10 RUVAC WH 7000 および 4 DRYVAC DV 1200 ( 8-2-4 配置)を特徴としています。ハードウェアの次に、 ライボルトは、完全自動制御システムを提供します。

お客様のメリット

この新しいシステムは、安定した生産プロセスを保証するために設計されていると同時に、エネルギーコストを大幅に削減することができ正しいパラメータを提供しています。複雑な真空システムの個々のコンポーネントのエネルギー効率のための改善により、近代的なポンプ、メンテナンスコストの減少とともに、堅牢性、拡張されたレベルをも得ることができます。内蔵モータコンセプトなどの特別な機能でリーク密閉性が向上し、電力消費量が最小限に抑えられ、部品の摩耗が軽減しています。近代的なバキュームシステムは、冶金プロセスに記録的な改善を提供することができます。