エリコンライボルトバキュームがインド本社を開設

エリコンライボルトバキュームは、バンガロールにインド本社を構え、販売およびサービスサポートを高めお客様とより密接でいられるようにします。高成長地域での強力なプレゼンスの確立はまだ別のマイルストーンとなります。「我々は新興市場に集中的に投資を続けます。 ブラジルでも新しいサイトを開き、今インドで実証しています」とエリコンライボルトバキュームのCEO Martin Fuellenbach 博士は話しました。

南アジアの産業市場に様々なサービスを提供するために、エリコンライボルトバキュームは地域全体の新しい販売とサービスの拠点としてバンガロールを開設しました。

同社はすでに、このエリアには十分な経験を収集しています。エリコンライボルトバキュームは2005年以来、エージェントを介してインド市場に参入しており、2006年には、自社子会社を設立しました。インドでのエリコンライボルトバキュームの展開以来、2007年以降から安定しており、真空計の較正のための強化されたサービスのポートフォリオを提供しています。2012年以降、ローカルソリューション事業は、複雑な真空システムを提供しています。

お客様に取り組んで

顧客ベースの増大と エリコンライボルトバキュームが100 %の顧客満足度に焦点を合わせていることで、この新しい、独立した施設により、主要顧客への接近度、さらには現地のソリューションを活用しビジネスが可能となります。「宇宙部門のような当社の主要なお客様はバンガロールにあり、この施設により、当社は彼らのニーズに応えることができます。当社のトレーニングを受けたエンジニアのスタッフを介して、単に製品の販売するのではなくお客様に完全なソリューションを提供します当社はターボポンプを除いて、スキルと能力のすべてをエリコンライボルトバキューム製品に託して地元にサービスを提供しています。さらに、社内に真空計校正機能や、ヘリウムリークテストサービスがあります」と、明確に、エリコンライボルトバキュームインドの セールス兼サービスゼネラルマネージャー M. Sreenivasulu は言います。

インドの地域に進むことは エリコンライボルトバキュームの成長の野望にとって重要であり、コスト競争力がと有能な人材の可用性は実際に大切な要因です。ドイツのケルンにある同社のグローバル本社からの用途専門家はさらなるトレーニングを集中的に受けており、これにより同社は地域の他の国で販売チャネルを強化し、より多くの市場にアクセスし、共有できます。