エリコンライボルトバキュームがインドで10 年の技術を維持

エリコンライボルトバキュームのインド子会社が10周年を祝います。ライボルトバキュームからの真空技術がインド市場で前から存在していたものの、ローカル市場へのエンゲージメントを深めるために子会社が設立されました。創業以来、強化されたサービスポートフォリオと共に完全な用途サポートを提供することに集中しています。

2013年には、エリコンライボルトバキュームはインドの科学コミュニティと隣接する南アジア市場への販売とサービスサポートとを密接に行うために、インド本部をバンガロールに設立しました。

優れた技術とサービスを提供するほかに、インド地域のライボルトバキュームの成功の背後にある主な要素は、信頼性と信用により構築された強力な顧客関係です。大規模なグローバル企業やインドの宇宙研究プログラムで使われるライボルトバキュームの技術は、お客様の経済的成功に不可欠なものでした。「我々のバンガロール施設は、主なお客様との密接な係わりを可能にしているだけでなく、地域のソリューションを活用します。宇宙部門のような当社の主要なお客様はバンガロールにあり、この施設により、当社は彼らのニーズに応えることができます。当社のトレーニングを受けたエンジニアのスタッフを介して、単に製品の販売するのではなくお客様に完全なソリューションを提供します」と、エリコンライボルトバキュームインドのセールス兼サービスゼネラルマネジャー Muniram Sreenivasulu は言います。彼はこの10年は、この子会社の成長を10倍に育ててきました。

「当社は新興市場に積極的に投資を続けます」とエリコンライボルトバキュームCEO (最高経営責任者)のMartin Fuellenbach 博士は言います。「当社は業界のベテランである Parnandi Ravindranath 氏を新しい管理責任者として任命して地域でのリーダーシップをさら強化します。これにより、M. Sreenivasulu の優れた技術の専門知識を再度を活用し、新しい製品およびソリューションを提供することにより、10年にわたるインドのお客様とのパートナーシップを強化していきます。」

共鳴 「インドで製造」

インドの地域は ライボルトバキュームの成長の野望にとって重要であり、コスト競争力と有能な人材の可用性は実際に大切な要因です。インドは、多くの地域のお客様のために実質的な製造業のハブとして出現している可能性があり、オエリコンライボルトバキュームのソリューションと地元のシステムの構築能力は、より優れた技術とサービスとしてお客様のサービスの向上に貢献しています。スチールの脱ガスや航空宇宙分野での成功事例はエリコンライボルトバキュームのインドへの多方面にわたるコミットメントを示しています。現地での販売は、用途専門家の数十年の経験のあるドイツ・ケルンのグローバル本社からの利点を得られ、本社はさらにトレーニングに集中的に関与し技術コンサルティング専門知識を常に提供しています。