アトラスコプコは、持続可能な生産性ソリューションの大手プロバイダであるのライボルトバキュームの買収を完了しました

2016年9月1日付で、アトラスコプコ AB (スウェーデン、ストックホルム)は旧 Oerlikon Leybold Vacuum GmbH 社を所有し、 Leybold GmbH へ名称変更しました。

1873年に設立されたアトラスコプコは、180以上の国で43,000人以上の従業員を持つグローバルプレイヤーです。ライボルトはコンプレッサ事業エリアに属する真空ソリューション事業部の一部となり、 35以上の国々で、約6,500人の従業員を抱えています。

この買収で、アトラスコプコは、1850 年に設立されたライボルトの伝統的な雰囲気と、市場でよく知られているブランドを守る、バキューム専門家の強みを信頼しています。
「技術のノウハウとライボルトの革新的な精神は、当社の真空ポートフォリオを補完し、市場でのプレゼンスを強化し、当社がお客様の成功に貢献できるようになります」と、アトラスコプコ真空ソリューション事業部の社長 Geert Follens は述べています。

ドイツ・ケルンに本社を置くライボルトは、166 年の長い歴史があり、真空ポンプ、システム、標準化およびカスタマイズされた真空のソリューションとサービスを様々な業種のために開発し、提供しています。真空技術のリーディングサプライヤーとして、ライボルトは二次冶金、コーティング技術の範囲などの工業用プロセス用の持続可能なソリューションを提供しています。分析機器、ディスプレイ生産、研究開発の分野での高い用途の専門知識を持つ、ライボルトは、世界のトッププロバイダに位置付けており、常に有名な、世界的に活動されている企業の一部となっています。

荒、中、高、超高真空ポンプ、真空システム、真空計、リーク検出器、コンポーネント、およびバルブ、ターンキー方式のバキュームソリューションのコンサルティングとエンジニアリングにより、ライボルトは一般的な、そして特定のお客様のための、非常に広範なポートフォリオを提供しています。「当社は真空の専門知識で、将来的には、お客様のサポートを続行します。強化された製品ポートフォリオ、販売・サービス、およびお客様への接近度が、当社を信頼性の高いビジネスパートナーとして差別化します」と、 最高マーケティング責任者、ライボルトのグローバル・セールスおよびサービス活動の責任者、Steffen Saur は述べています。「また、アトラスコプコとライボルトの強みを産業ドライポンプと科学的なターボポンプで組み合わせることで、 優れた次世代製品の技術プラットフォームを提供しています。」

真空技術のパイオニアとして、 ライボルトは産業、研究開発、分析市場セクターのパフォーマンスと成長に焦点を置き続けます。