製品 サービス アプリケーション ブログとWiki ダウンロード 当社について キャリア ニュースとイベント

ガス冷却冷凍機 / コールドヘッド

COOLPOWER iシリーズの冷凍機 / コールドヘッドは、熱力学サイクルに基づいて動作し、極低温を生み出すガス冷却機です。COOLPOWER iコールドヘッドは、COOLVAC iシリーズのクライオポンプの基本ユニットです。 

冷凍機は、熱力学サイクル(カルノー)に基づいて動作し、極低温(T ≤ 120 K)を生成する冷却機です。

ギフォートマクマフォンの原理で作動する冷凍機は、他の方法に比べて、クライオポンプや極低温用途の冷却に成功しています。この冷凍機は、ライボルトによって製造および使用されています。

コールドヘッドは、基本的に、ドライブモジュール、変位ユニットおよびコールドヘッドステージの3つのモジュールで構成されています。

コールドヘッドの第1ステージは、動作条件とモデルに応じて45 K~80 Kまで冷却し、第2ステージでは4Kまでの運転温度に達します。どちらのステージも、利用可能な冷却容量を最適に利用するために、熱伝導性の高い銅で作られています。

空気圧駆動式コールドヘッドでは、ディスプレーサー用の空気圧式駆動システムは、回転式制御バルブと制御バルブを駆動するステッパーモーターの2つの機械的に可動するコンポーネントのみで構成されています。

機械駆動式コールドヘッドでは、クランクドライブを介してディスプレーサーユニットの動きが自動的に制御され、振動レベルが低くなります。

シングルステージおよびダブルステージのCOOLPOWER iコールドヘッドの標準製品は、幅広いアプリケーションに対応します。ライボルトは、80 K(シングルステージ)で20 W~250 Wまで使用可能な冷却容量を備えた冷凍機を提供しています。ダブルステージシステムの冷却容量は、第2ステージの範囲が20 Kで5 W~20 Wになります。

COOLPAK iシリーズのヘリウムコンプレッサーは、COOLPOWER iシリーズのコールドヘッドを可変モーター速度で駆動し、冷却性能を高めています。標準製品に加えて、お客様の要件に合わせたカスタム設計のコールドヘッドも提供しています。

利点をご確認ください。

容易なメンテナンス

空気駆動式のコールドヘッドを採用したシンプルな設計により、メンテナンスが容易です。コールドヘッドを真空チャンバから取り外さずに、所定位置で実行できます。 機械駆動式コールドヘッドのメンテナンスも簡単です。使用場所で実施でき、周囲のインフラストラクチャに影響を与えることなく、特にサービス担当者によるチャンバの真空状態の破損を防止して実行できます。 エコモードは、長期運転と寿命を通じて省エネのために設定されています。

高い信頼性と耐性

当社のコールドヘッドは、医療技術における磁気共鳴映像法、低温および高温超伝導体の冷却、天文学用望遠鏡の検出器の冷却など、特に高い信頼性が要求される用途で使用されています。 高い冷却能力と高度なステッパモータコンセプトを備えた高い冷却性能により、COOLPOWERコールドヘッドの信頼性は非常に高くなっています。 さらに、コンプレッサユニットからの適応によってモータ速度が可変になり、ブーストモード作動により、冷却性能が向上し、冷却性能が向上し、クールダウンタイムが短縮されます。 当社のコールドヘッドには鉛フリー再生器があり、液体ヘリウムや液体窒素は必要ありません。 COOLPOWERコールドヘッドはRoHSに対応しており、振動レベルが非常に低くなっています。

シンプル

COOLPOWERコールドヘッドの操作は、キーを押すだけで簡単に行えます。 コールドヘッドは基本的にすべての方向で操作できます。 インターネット制御装置を使用して、簡単なプロセス制御と温度制御を行うことができます。

小型

設置面積が小さく、コンプレッサとコールドヘッドを別々に操作するオプションがあるため、スペースの問題がほとんど発生しません。