製品 サービス アプリケーション ブログとWiki ダウンロード 当社について キャリア ニュースとイベント
Messgeraete_mechanische_Anzeige.png

BOURDONVAC / DIAVAC / カプセル真空計

機械式ダイヤル型ゲージ

堅牢な機械式真空計

  • 機械式真空計では、ダイヤフラムの表面に作用する力を記録することで、圧力を直接測定します。
  • 測定値は、計測するガスの種類や圧力に依存しません。
  • ほとんどの機械式ダイヤルゲージの圧力範囲は、1000 mbar(大気圧、750 Torr)~1 mbar(0.75 Torr)です。 

BOURDONVAC

BOURDONVACの内部部分はブルドン管であり、円弧状に曲げられ、真空システムに接続されています。 

外部気圧の影響により、排気プロセス中にチューブの先端が多少なりとも曲げられます。これにより、この点に取り付けられたポインターの配置が作動します。対応する圧力は、直線目盛で読み取ることができます。

BOURDONVACゲージを使用すると、大気圧から1 mbar/torrまでの圧力を大まかに測定できます。

この機構は局所的な大気圧にさらされるため、大気圧の変動の影響を受ける可能性があります。

これらのゲージは、過酷な環境下での大まかな圧力測定用に設計されています。

  • ステンレス鋼製の測定セルにより、プロセス適合性に優れています。
  • 振動に対する耐性
  • IP54等級
Portable and Mechanical Gauging

CAPSULE

CAPSULEゲージは、ダイヤルに接続されたダイヤフラムで動作します。

装置内には、密閉され、真空にされた薄壁のダイヤフラムカプセルが装備されています。真空圧が下がると、カプセルが膨らみます。この動きはレバーのシステムを介してポインターに伝達され、直線目盛で圧力を読み取ることができます。 

計測セルは外部環境に対して密閉されているため、大気圧の変化による影響を受けず、10 mbar/torr未満の圧力でもより信頼性が高い測定が可能です。

  • 振動の影響なし
  • 計測システムは真空環境に開放されているため、腐食性のある媒体への耐性が低くなります。 

CAPSULEゲージは、より低い圧力を読み取るのに適しているため、2つのフルスケールを提供しています。

  • 1000~1 mbar(750~0.75 torr)
  • 100~1 mbar(75~0.75 torr)では、後者の方が低圧での分解能が高くなります。

また、次のいずれかが付属します。

  • 真空システムに直接接続するためのDN 16 ISO-KFフランジ
  • パネル取り付け用のアイソレーションバルブを内蔵した、食品包装機で使用するための10 mm径ホースノズル。
Portable and Mechanical Gauging

DIAVAC DV 1000

BOURDONVACは腐食性媒体に適していますが、大気圧の影響を受けます。カプセルゲージは腐食性媒体には対応できませんが、大気圧の影響を受けません。DIAVAC 1000は、両方の優れた特徴を1つのゲージに集約したものです。 

ケース内には絶対圧力測定が可能なダイヤフラムがあり、密閉真空チャンバーは、計測する真空圧力からダイヤフラムによって分離されています。これが参照量となります。

排気量が増加すると、測定する圧力と基準チャンバー内の圧力の差が小さくなり、ダイヤフラムが屈曲します。この屈曲は、レバーなどの機械的な手段によって、例えばポインターの目盛りに伝達されます。

DIAVAC DV 1000は、感応部が密閉された基準体積内にあり、センシングセル内の真空にさらされる素材がステンレス鋼/FPMであるため、腐食環境下での大まかな圧力計測用に作られています。

ゲージの精度を上げるために、各目盛りは、最適な性能を得るために個別に校正されています。

Portable and Mechanical Gauging
  • ガスの種類や大気圧の変化に左右されない読み取りが可能  
  • ステンレス製ダイヤフラム(BOURDONVACおよびDIAVAC)により、ほとんどの媒体と優れた適合性  
  • 高精度ダイヤフラムマウント用レーザー溶接技術(DIAVAC) 
  • 堅牢な卓上型ハウジングで、フランジ接続部の上部に自由に取り付け可能。パネル取り付けも可能(DIAVACおよびカプセルゲージ) 
  • 測定フランジが着脱可能なため、測定チャンバーのクリーニングが容易(DIAVAC) 
  • 大きくて見やすい表示で、真空度の最終確認が容易にできます